フィル・クラインはターマンの再来ではない。歴代の外国人投手の成績を見てネガティブになるのはもうやめよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前こんなブログを書きました。

ベイスターズが獲得したフィル・クラインはあの投手の再来か

ベイスターズの外国人投手が毎年外ればかりなので、期待するだけ無駄と思い適当なことぶっこいてました。リリーフ投手ならまだクルーンとか、ソーサ(自前じゃないけど)とか少しは活躍した選手がいた気がしたので、いくらポジってもパットンまでしか無理じゃないですか。それが学習能力っていうものでしょう。

ベイスターズの外国人投手の成績列挙してみます。

歴代外国人投手成績

ストーン(64年) 6試合 3.75
スタンカ(66年) 32試合 6勝13敗 4.17
ブレット(77年) 3試合 8.53
スコット(94年) 25試合 1敗 2.51
シュワーズ(95年) 4試合 1勝1敗 4.15
バークベック(95-96年) 12試合 2勝2敗 4.78
キャンベル(97年) 出場なし
マホームズ(97-98年) 21試合 3勝8敗 5.34
ベタンコート(00年) 11試合 1勝2敗 4.08
ホージマー(01年) 6試合 2敗 9.00
バワーズ(01-02年) 50試合 7勝21敗 4.08
ターマン(02年) 9試合 2敗 6.16
ドミンゴ(02-03年) 44試合 13勝17敗 3.96
ホルト(02-03年) 43試合 11勝24敗 4.13
ホワイトサイド(03年) 13試合 2敗2S 7.30
ギャラード(03-04年) 26試合 2勝3敗8S 5.34
マレン(04年) 28試合 7勝10敗 4.71
ウォーカー(04年) 10試合 2勝4敗 6.80
セドリック(04-05年) 38試合 14勝9敗 3.69
ホルツ(05年) 44試合 1敗13H 4.38
クルーン(05-07年) 145試合 8勝8敗10H84S 2.82
ベバリン(06年) 8試合 4敗 11.13
ソニア(06年) 27試合 1勝2H 3.82
ホセロ(07年) 45試合 3勝4敗7H2S 4.59
チアソン(07年) 出場なし
マットホワイト(07-08年) 39試合 1勝3敗9H2S 4.87
ウッド(08年) 26試合 3勝12敗 4.69
ウィリアムス(08年) 7試合 2勝2敗 4.26
ヒューズ(08年) 21試合 1勝1敗1S 4.91
グリン(09年) 23試合 3勝15敗 5.11
ウォーランド(09年) 21試合 5勝10敗 4.80
マストニー(09年) 15試合 1勝5敗 5.69
陳ウェイ(09-10年、育成枠) 出場なし
ランドルフ(09-11年、途中退団あり) 24試合 7勝11敗 3.39
ブーチェック(10年) 15試合 1勝1H 4.62
王(10年-13年) 6試合 4敗 8.88
リーチ(11年) 8試合 1勝7敗 5.95
ゴンザレス(11年) 2試合 1勝1敗 12.86
陳冠字(11年-14年) 1試合 11.57
ハミルトン(11-12年) 27試合 1勝4敗1H 7.25
ブランドン(11-12年) 28試合 3勝9敗 4.27
ジオ(12年) 8試合 1勝6敗 3.92
クレイマー(12年) 2試合 1敗 10.80
ソト(13-14年) 34試合 2勝4敗 9H1S  6.75
ソーサ(13-14年) 82試合 3勝7敗23H22S 2.68
コーコラン(13年) 1試合 1勝3敗 5.61
ゼン(13年) 6試合 2敗 7.29
モスコーソ(14-16年) 52試合 17勝22敗 4.27
エレラ(15-16年) 52試合 5勝4敗22H 2.96
ビロウ(15年) 1試合 1敗 33.75
ぺトリック(16年) 15試合 3勝1敗 5.51
ブロードウェイ(16年) 5試合 4.50
ザガースキー(16年) 32試合 3勝1敗9H 4.15

過去の外国人投手は外ればかりだけど・・・

一応、激甘のベイスターズ基準で使えたと思われる投手は赤字にしてみました。いわゆる当社比っていうやつ。それでも外ればかりです。感覚が麻痺してぺトリックを当たりにしてしまいそうになりました。歴代最多勝はモスコーソの17勝という寂しい数字。モスコーソはアホの中畑に中継ぎに回されたりしながらもよく投げてくれましたが。それにしてもビロウの酷さが半端じゃねぇ。。

そんなわけで、長年ベイスターズファンをしていると、外国人投手(特に先発)と、ドラフト入団の大型左腕にはもはや期待する事すらしないように自らに教え込んでいました。

ところが、先日今年の外国人投手3投手がそろって練習試合で初登板を果たしたその映像を見て、いまだかつてないほど、今年の外国投手に期待してしまっています。歳をとってアホになったのかもしれません。

9fa56d41.gif

見てください、このフィル・クラインのインコースのストレート!

見てください。このパットンのマウンドさばき。もう全てを忘れて今年は期待してもよいのでは?むしろそれが正しいファンの在り方なのでは?見返りを求めては愛とは呼べないのでは?

もちろんクイックとか、フィールディングとかシーズンが始まらないとわからないこともあるでしょう。それでも、やっぱり全力で期待するスタンスでいくことにしました。その方が楽しいし。手のひら返したっていいじゃない、人間だもの。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す