おすすめのLEDシーリングライトはこれ!最新のLEDシーリングライトの機能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シーリングライトと言えば、ドーム型の物を想像する人が多いと思います。

ここでいうシーリングライトとはシャンデリア型だったり、ファンがついているようなものではなく、ティピカルな日本の家にある、あの白い照明器具です。

かっこいい部屋に住んでいると、予めいい雰囲気になるように照明にもさまさまな工夫がされているものですが、一人暮らしのパンピーのすむ普通の部屋であれば、照明器具は、部屋のど真ん中にシーリングライト!が普通でしょう。

最近引っ越したばかりで、シーリングライトを探しに池袋の電気屋さんに行きました。滅多にシーリングライトなんて見に行かないので、最新のシーリングライトに期待を抱いていたのですが、一見すると見た目はそんなに進化していませんでした。が、実は様々な最新技術がありました!

超ざっくりと、値段別に2017年現在のシーリングライトを紹介していきましょう。

まずは一番安いラインです。

このラインは、調光機能だけがついています。明るい、ちょっと明るい、豆電球。みたいな感じで、紐を引っ張ると明るさが変わります。もちろんリモコンでも可。

「お金ないしー、生活できればそれでいいしー」っていう人はこのラインを買うといいでしょう。

8畳用で5000円程度から購入できます。

その次のラインになると、調色機能が付きます。昼光色と電球色の切り替えができるようになります。白くなったり、黄色くなったりするということです。基本的に外が明るい昼間は昼光色の方が見やすいですが、夜になると昼光色だと光がまぶしくなります。その時に色を変えて電球色を使うといった感じで、調整ができるモデルです。

実は先ほどの最安ラインと値段は大して変わりません。アイリスオーヤマあたりだと7000円くらいから購入可能です。アイリスオーヤマ恐るべし・・・。

「お金ないしー、生活できればそれでいいしー、でもたまには友達呼んでご飯食べたりはしたいかも」っていう人はせっかくならこっちがいいですね。

この上のラインから各社様々な機能を付けてきます。

まずは一押しの機能ですが、光の強さに合わせて明るさを自動調整してくれる機能です。

パナソニックもとい松下では「ECONAVI」って呼ばれてます。日立の場合は「ECOこれっきり」。センサーが光を感知して自動的に調光してくれます。いいですねー、ハイテク感出てきました。

小さいころってリビングで勉強する子供が多いですが、はっきりと文字が見えるあかりとなると結構明るい光が必要になります。

松下では「勉強モード」とういうモードを搭載したモデルが出ていますし、日立では「ラク見え」っていうモードを搭載したやつです。

東芝の「高演色 キレイ色」は最も実用的な機能といえます。電球色・昼白色・昼光色すべての光色でRa90を達成したモデルです。LEDでRa90って実はものすごいことで、簡単にいうとサラダのトマトの赤、キュウリの緑といった色が、鮮やかに美味しく見えるようになります。スマートハウスなどといった安易な戦略ではなく、リビングに設置されることの多いシーリングライトにとって一番重要な「演色性」に心血を注いだ企業努力に好感が持てます。

東芝ではそのほかに、マルチカラー搭載モデルも発売しています。RGB(レッド、グリーン、ブルー)のLEDを搭載しているので基本的に何色でも調色できます。照明の色を自由に変えることができるので、調色なんてレベルではありません。映画用、勉強用、まったりしたいとき・・・様々なシーンを自由自在に自分で設定できます。いかにも東芝らしいマニアアックな機能です。

日立の「ホタルック」は蓄電した電力をつかって数分間青系のほのかな明かりを点灯する機能です。急な停電でも一定時間明るいままなのは便利です。

その他には関節照明のように天井に向けてスポットライトを当てるモデル、LEDでありながらワイドな光になるモデル等が各メーカーから出されています。

逆に個人的にこれはいるかー?って疑問に残る機能についても書いておきます。

「留守番モード」は泥棒から狙われないように留守中にたまに電気をつけたり消したりしてくれる機能。あまり必要性を感じませんが、女性とかにはいいのかなー。

価格的には、こういう様々な機能を盛り込んだものが高いものになります。

で、結局何を買ったかというと、パナソニックもとい松下の3枚パネルのモデルです。東芝の照明と迷ったのですが、ちょうどAmazonでパナソニックの照明器具2000円引きをやっていたのと、唯一の照らし分けができる点、斬新なデザインから今回はこれを買いました。おすすめしたECONAVIはついていませんが、クリアパネルのデザインはいい感じです。

結局見た目が一番進化したシーリングライトを買ってしまいましたが、LEDシーリングライトは着実に進化していました。発売時に比べてほとんどのモデルが価格も落ちてきてますので、気になった方は購入をお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す