発酵食品で腸内フローラを整えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

健康に良いと最近何かと話題の麹食品。

先日世界で初めて、麹が腸内細菌改善作用を持っているという研究結果が出ました。

腸内細菌叢、腸内フローラという言葉も最近耳にすることが多い単語ですね。

そもそも麹食品とは?腸内フローラって?腸内細菌改善によって起こる良いこととは?

1つずつ解説していこうと思います。

発酵食品って何?

まず、発酵食品とは「微生物により食物のたんぱく質やでんぷんが分解されたもの」のことです。

例えば、納豆菌が大豆を発酵させ納豆を、乳酸が生乳を発酵させチーズを作るように、麹菌が穀物を発酵させて出来たものが麹食品です。

麹食品と一口に言っても、沢山種類があるのです。

麹食品の一覧です。
味噌
醤油
食酢
鰹節
漬物
清酒
焼酎
泡盛

こうやって見てみると私たちの普段の生活に馴染みがあるものが多いですね。

こうした麹食品には種々の酵素が含まれており、体内での食物の消化を手助けしてくれています。

腸内フローラって何?

佐賀大学農学部生物環境科学科の北垣浩志教授の研究グループによって、麹菌の成分グルコシルセラミドに腸内細菌改善作用があることが報告されました。

マウスの摂食試験で善玉細菌といわれている「ブラウティア コッコイデス菌」を増加させることが分かり、麹食品の持つプレバイオティクス機能が世界で初めて明らかにされたのです。

 

最近メディアでよく耳にすることが多い、「腸内細菌」や「腸内フローラ」とは具体的にはどのような働きをしているのでしょうか。

そもそも、人間の体には部位に応じていくつかの菌が存在することが知られています。

皮膚の表面には黄色ブドウ球菌がいるように、他にも菌が存在する部位があるのです。こうした菌は常在菌と呼ばれ、普段はそこにとどまっていますが病原性を持ちません。中には他の菌の感染を防御してくれているものもあります。

腸管に存在する常在菌が、場所によって群れをなして生息しているためそれらが、腸内フローラ、腸内細菌叢と呼ばれています。

この腸内細菌によって体内の免疫が保たれていることが研究によって明らかになっています。

今回の研究では、麹からグルコシルセラミドを大量に抽出・精製し、マウスのエサに混ぜて飼育。採取した糞からゲノムを抽出して菌種同定技術に有用な16S rDNA配列を調べました。その結果、摂取前と比べ腸内細菌の菌叢が変化しており、ブラウティア コッコイデス菌が増加していました。この菌には大腸炎の炎症抑制、精神安定といった機能を持つことが知られています。

グルコシルセラミドはグルコースにセラミドが結合したスフィンゴ糖脂質で、コンニャク、コメなどにも含まれています。機能性表示食品の関与成分として肌への保湿機能があるとされるほか、アトピー性皮膚炎改善などの研究が報告されています。

コンニャクは大量に摂取することが難しいので、定期的に麹をとることがやはり健康への近道と言えますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す