東京タワー真下で舌鼓@東京 芝 とうふ屋うかい(芝公園)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

12月も残すところあと2週間となりましたね。2016年の目標って何にしたっけなぁ…

先日、東京タワーの真下にある会席料理店、とうふ屋うかいへ行ってまいりました。

東京に住んでるとなかなか東京タワーに行く機会ってないですよね。東京に住んで30年近く経ちますが、東京タワーに行ったのって1度くらいしかないかもしれないです。

ほぼ初めて間近で見る東京タワー。

こうして見るととても東京タワーってやっぱり綺麗ですね。

そんな東京タワーの真下にとうふ屋うかいはあります。

うかいと言えば、懐石料理から鉄板焼きまでいくつもの業態で店舗を出している一大グループです。鉄板焼き料理のうかい亭は根強い人気を誇っています。

とうふ屋うかいは、その名の通り豆腐料理がメインです。

2000坪を誇る日本庭園や、入り口には大きな酒樽があったりと、外国人は喜ぶこと間違いなしの内装です。

今回は13500円のとうふ屋懐石 月 を頂きました。

まずは前菜から。

柿の葉すし 甘海老真砂和え 焼き帆立と壬生菜浸し 海老芋です。

銀杏の葉が季節感を出してくれます。

飲み物は白ワインをチョイス。和食にワインって意外と合って美味しいんです。

その後も何品か料理が出てきます。

それぞれの個室から見える日本庭園の真ん中にある揚げ場で揚げられている、揚げ田楽

本日のお造り

鯛かぶら。とても優しいお味がします。

そしてお待ちかね、豆水とうふです。

八王子は大和田の銘水とこだわりぬいた国産大豆を使用した特製とうふです。土鍋の豆乳の中にとうふが入っていますが、さっぱりとしていながらもしっかりコクがあって食べても食べても飽きません。

最後は特選和牛炭火焼です。うかいのお肉が美味しくない訳がない。

そしてこのあと〆のじゃこご飯とデザートを頂いてコースはおしまいです。

お料理はどれも繊細な味付けと盛り付けで文句なしの美味しさでした。

但し、お酒が非常に高い。獺祭二割三分などありましたが、非常に高い。結局ワインのあとは鍋島をグラスでちびちび飲んでました。

やはり、さすがのうかいグループということで格別なおもてなしでした。

★★★★★

お酒が高い以外は文句なしの満点です。

 

おまけ。

お土産で、青竹とうふをお持ち帰りしました。

このボリュームで970円。もはや高いのか安いのか分からなくなりますが、おうちでこのとうふが食べれると考えれば安いものです。

けっこうな量で毎日少しずつ食べても結局1週間程度なくなりませんでした。

味としては、まろやかな大豆の甘みがしっかりとある、絹とも木綿ともいえる豆腐です。塩や醤油をかけても美味しいですが、味がしっかりしているのでそのままでも美味しく頂けました。

次はまた別のとうふもお持ち帰りしてみたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す