「有田と週刊プロレスと」を見た感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、なめろうです。

親知らずの抜歯を勧められていて、どのタイミングで抜くのがいいのか迷っています。なんでも抜歯中は痛く無いらしいのですが、穴が空いた状態になるので二、三日は血が出るらしいのです。忘年会シーズンはちょっとなーって歯医者さんは言ってましたが、穴が空いた状態で酒を飲むと良くないという意味だったのでしょうか。聞き流してしまいましたが、それであれば忘年会シーズンかどうかは関係ないなと思っています。

先日から、Amazonプライム・ビデオで「有田と週間プロレスと」という番組を見ています。

くりーむしちゅー有田哲平が一冊の週間プロレスから話題を広げ、人生の教訓を教えるという趣旨の番組です。

僕はプロレスの知識が全くないのですが、わからない人にも伝わるように例え話を交えながらトークを展開しています。

また、ゲストとして参加しているピースの綾部もプロレス初心者として参加していて、わからない側の立場からツッコミが入ります。

構図としてはマツコの知らない世界みたいなものかもしれませんが、紹介する側がメインになっているのが違うところ。しかも30分丸々、かつ何週に渡ってこれが続くので、番組自体のマニアックさにおいては非ではありません。

ネット配信ならではのマニアックなバラエティーですが、プロレスファンはもちろんプロレスについて何も知らない人でも十分に楽しめる作品です。

マニアックなんだけどマニアックに寄り過ぎないというか、なんというか絶妙なバランスです。アメトークでカープ芸人をやって以降、カープもすごく人気が出てましたし、こういう番組をやってもらえると、プロレスもライト層のファンも増えるかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す