大谷翔平はポスティングシステムで移籍してはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なめろうです。最近焼酎のソーダ割りが好きです。特にそば焼酎は美味しいですねー。次の日まで残りますが。

日ハムの大谷翔平が、来季の年俸2億7千万円で契約を更改しました。前例のない二刀流で大活躍をしたシーズンだっただけに、金額が低すぎるという声が圧倒的のようです。

それでも来シーズン終了後にポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を約束してもらったようで、本人は「お金について、どうこう言うつもりはないです。」と爽やかさが際立つコメントをしていました。

個人的にはこの契約はもっと議論されるべき問題だと思います。明らかにメジャー挑戦と引き換えに選手の給料を削減しており、このようなやり方では日本プロ野球の規模が大きくならないと考えているからです。

大谷翔平が利用すると言われているポスティングシステムについて説明します。

ポスティングシステムとは

来シーズンの終了後、大谷翔平がポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦した場合、まずメジャーの獲得を希望する球団が2000万ドルを上限とした交渉権の対価となる譲渡金を設定します。そこで最高値を出した球団が大谷翔平と交渉を行い、成立した場合に先程設定した譲渡金を日ハムに支払う形になります。

元々この入札の金額に上限はなかったのですが、上限を設けないと選手に対する契約金額が減ってしまう危険性があるので、上限が設定されるようになった歴史があります。例えば予算1億ドルで選手を獲得しようとした時に、譲渡金で8000万ドル、契約に2000万ドルとした場合、選手の取り分が少なくなり、場合によっては移籍を妨害するためだけに入札する球団がでてくる可能性が出てきてしまうからです。

上限金額ができたのは現ヤンキースの田中マー君が楽天から移籍する時で、これには楽天の三木谷オーナーが猛反対していました。今回の大谷の移籍で日ハムも上限の撤廃を求めると思われます。

そもそもポスティングシステムは何のためにあるのか

そもそもポスティングシステムを利用しなくてもメジャーリーグに移籍する方法があります。海外FA権という権利を行使することで、自由にメジャーリーグの球団と交渉が可能になります。これがいわば正規のルートで、例えば巨人からヤンキースに移籍した松井秀喜はこのルートでメジャーに移籍しています。

みんなこの制度を利用してメジャーに挑戦すればいいのですが、海外FA権を取得するには9シーズンの出場選手登録が必要になり、1年目からずっと一軍で活躍をしていたとしても最低10年間日本のプロ野球に在籍する必要があります。

特に投手の場合、肩・肘は消耗品として考えられる場合もあるので早めにメジャーに挑戦したいという選手の心理があります。そこで、早期にメジャー挑戦できる特例としてポスティングシステムが利用されています。制度自体は野茂がメジャーに挑戦した後、日米間で選手の移籍について協議され1998年に導入されています。

ポスティングシステムの問題点

ポスティングシステムを利用すると、海外FA権で選手が移籍した場合と違い、先程説明したように球団に譲渡金が入ります。資金力が潤沢でない球団にとっては海外FA権を利用する前にポスティングシステムで選手に移籍して貰えれば球団に資金が入り、その分選手の補強を行ったりファンに還元することができます。従来の上限無しのポスティングシステムであればそれで良かったと思いますが、先程述べたように選手会の意向もあり上限金額が設定されてしまいました。

日本プロ野球はメジャーリーグに選手を供給するファームではないのです。このやり方ではいつまでたっても日本プロ野球の収益は横ばいのまま、選手の給料があがることも無く、実力のある選手はどんどんメジャーリーグに流出してしまいます。

ドラフトの際にポスティングシステムによる移籍を許可する球団以外には、入団を拒否する選手が出てくる可能性もあり、今回の大谷翔平のようにポスティングシステムと引き換えに安い契約を結ぶケースも出てきました。

今後の対応策

海外FA権を短縮し、ポスティングシステムを廃止するのが選手会にとっては一番良いのでしょうが、これも人材の流出に歯止めが効かなくなる可能性があります。

そこで一つ対応策として考えられるのが、日米間のレンタル移籍です。大谷翔平をレンタルしてメジャーリーグでプレイさせる代わりに、メジャー球団からも人材を獲得できる仕組みを作ります。トレードの際に細かい出場試合数等の細かく契約を交わします。メジャーリーガーの中にはトレード破棄条項を含んでいる選手がいたりしますし、日本でプレーしたくない選手は予め契約に盛り込んでおけばいいのです。

これが実現できれば、大谷の代わりに若手の有望株のメジャーリーガーが日本でプレーすることになったりします。時には往年の人気選手が引退間際に日本でプレーしてくれるかもしれません。その選手が日本で活躍し、メジャーリーグに戻ったときには日本の野球ファンもメジャーリーグに興味を持つことになります。国別で見た場合に市場規模が二番目に大きい国のファンを獲得することはメジャーリーグにとってもメリットが大きいはずです。国際大会の盛り上がりも大きくなるでしょう。

確かに現状はメジャーリーグの方が選手のレベルは高いでしょうが、それに甘んじてはいけません。メジャーリーグと同等のリーグを作っていく必要があります。

大谷翔平という、稀代のスーパースターを切り札に議論を進めるチャンスだと思うのですが、無理なんでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す