第15回ハロプロ楽曲大賞’16に向けて。その⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さま年越しの準備は進んでおりますでしょうか。

そろそろ大掃除を始めようと思っているココナツです、こんにちは。

今日はカントリーガールズです。

カントリーガールズ 14曲

「ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン ~あなたに夢中~」
2016/03/09
・ブギウギLOVE
・恋はマグネット
・ランラルン ~あなたに夢中~

「どーだっていいの / 涙のリクエスト」
2016/09/28
・どーだっていいの
・涙のリクエスト

『演劇女子部「気絶するほど愛してる!」オリジナルサウンドトラック』
2016/06/01
・気絶するほど愛してる! [カントリー・ガールズ、つばきファクトリー]
・ロックンロールに掴みたい [カントリー・ガールズ、つばきファクトリー]
・本当の姉妹みたい [稲場愛香、森戸知沙希]
・約束してね [梁川奈々美、船木結]
・これが夢なら [稲場愛香、岸本ゆめの]

『演劇女子部「気絶するほど愛してる!」』(DVD+CD)
2016/09/14
・ダイアナ [新沼希空]
・掟 [森戸知沙希、山岸理子、小片リサ、浅倉樹々]
・たまんないサマー [岸本ゆめの、小関舞、梁川奈々美、船木結]
・シーサイド・バウンド [山木梨沙、新沼希空、谷本安美]

 

さて、例の如く演劇女子部は割愛します。弱オタ。。

カンガルは今年はシングルは2枚のリリースですが、今年はとても当たり年でしたね。

まずは新メンバー梁川奈々美と船木結の加入曲ブギウギLOVEですが、ロカビリー調の曲でカンガル感出てますね。船木の童顔からは想像のつかないしっかりした低音がいいアクセントになってます。「あたしのこと聖母と呼んでいいわ 今日から」の部分は今年のハロ曲で最高インパクトファクターを獲得したフレーズだと思います。ランクイン確実!

恋はマグネットはパフューム風ですね。こういうのがいまはアイドル曲の主流なのかなと思いました。

ランラルン〜あなたに夢中〜は、聞いた瞬間、あれ!?と思いましたよね。マツコの知らない世界でも使われているメロディでカンガルが歌っています。元々はこの曲はアメリカの作曲家ジェローム・カーンが1930年代に作曲したミュージカル用楽曲「I’ve Told Every Little Star」が原曲で、1960年代にリンダ・スコットが「星に語れば」というタイトルでリリースしヒットしたと言われています。そんな名曲がハローらしくキュートな歌詞で歌われています。馴染みあるメロディでふんわりしたこの曲は、彼女たちの優しい歌声もあいまって幸せな気持ちにしてくれる一曲です。

その次のシングルからは稲葉が喘息の休養のために脱退してしまいました。歌って良し踊って良しの人材をまた1人失うことはハローにとってかなりの痛手です。でも健康が第一ですので、早く喘息が治るといいですね。今はステロイドだけでなく分子標的薬などの新しいいいお薬もあるので…

どーだっていいのは、そんな稲葉脱退後のシングルですが稲葉がいないことを感じさせない出来になってます。新メンバー2人の歌唱力たるや。そしてサビ後ろのジャズべのラインやギターソロ含め編曲もとてもかっこいいです。

最後、涙のリクエストは1972年リリースのチェッカーズの2ndシングルのカバーです。今まで数多のアーティストがカバーしたことかと思いますが、カントリーガールズらしいカバーでいいと思います。藤井フミヤと比べれば歌唱力には差はありますが、彼女たちのロカビリーがしっかり表現出来ていると思います。

さて、予想です。

①ブギウギLOVE

②どーだっていいの

③涙のリクエスト

④ランラルン〜あなたに夢中〜

⑤恋はマグネット

最近じわじわとロカビリーがまた流行り出しているし、カントリーガールズはこのままロカビリー路線でいきましょう。

さて、明日はこぶしファクトリーです。

 

 

 

ちなみに、泡沫サタデーナイトがいまだに「ほうまつサタデーナイト」にしか読めないのは私だけでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す