2017WBCのオーダー考察【キャッチャー編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

隠れ家的って表現がありますが、通な感じを出したいだけの表現でなんか鼻につきますねー。隠れ家ではなく、隠れ家的。しかもGoogleに載ってるっていう。

こんにちは、なめろうです。今日はまたWBCの日本代表について書かせて下さい。

キャッチャー編です。

かつて名将・野村克也が「優勝チームに名捕手あり」と言っていました。日本の野球とアメリカの野球で大きく違うのが、キャッチャーではないでしょうか。

メジャーの場合はピッチャーが配球の主導権を握っています。基本的にはサイン通りに投げますが、気に入らなければ首を振って拒否します。

日本の場合はどちらかと言うと、キャッチャーが配球(リード)の主導権を握っています。というよりは、統率力を重んじて現場のマネージメントをキャッチャーに一任する傾向があります。

あと、基本的に日本のピッチャーは変化球のコントロールがいいので、変化球でカウントを整えたりといった配球をしますが、ほぼメジャーでは見ることはないです。メジャーの投手の方がストレートが速いというのも理由の一つだと思います。

おそらく、ここまで差があるのはかつて野村克也という選手がいた事が大きいでしょう。後に監督になって古田という名捕手を育て上げていますし、卓越した野球観は組織論まで昇華されています。ただ、似たり寄ったりの書籍を出版しすぎな傾向がありますが^^;

その日本野球のまさに扇の要となるキャッチャーですが、はっきり言ってあまり人材がいません。捕手難です。ハロプロでいうならつばきファクトリー状態です。

怪我でキャッチャーがいなくなるのは困りますので、おそらく3人選ばれると思います。楽天・嶋、西武・炭谷、西武・森でどうでしょうか。

炭谷は守備力が一番高い選手だと思いますし、嶋は割りと打てるのでバランスがいいキャッチャーです。WBCではDH制が採用されていますので、それほど打撃力はいらないと考え、スタメンでは炭谷を推します。西武の森は打撃力があるので、非常時用の捕手と代打での起用もできます。なにより将来の日本球界のため、国際経験を積ませてキャッチャーとして一皮向けてほしいと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す