2018年、これからのヤクルトは面白そうという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回の投稿から破竹の8連勝もあり、ベイスターズはこの2週間で8勝2敗、堂々の首位ですわ。流石にこれだけ先発揃えると強いな。この前のヤクルト戦の由規みたいに、相手の投手がいいと打線が湿って負ける時はあるけど、それはそういうスポーツだからしゃーない。

目下広島と首位争いと考えてる人が多いと思うけど、先発が横浜の方がいい分有利に戦えるんじゃないか。広島相手に3連戦で3タテくらうイメージがわかないので、去年みたいに独走を許すような事はないんじゃないですかね。

絶好調のベイスターズはひとまず置いておいて、前回のカードで当たったヤクルトについて。ヤクルトは昨年とは一味違うな。今年はバレンティンもめっちゃ真面目にやってるもんなー。

首脳陣を一新して宮本慎也ヘッドコーチが就任して、キャンプから練習時間を大幅に増やしてひたすら練習させた成果が出てるわ。メジャーリーグのキャンプのやり方を取り入れて、全体練習の時間を減らしてあとは各々に任せるわーほなまた。っていうのが昨今の野球界の流行で、これは高校野球とか、はたまたサラリーマンの残業は悪みたいになってるのも含めると、かなり大きな時代の流れだけど、敢えてそこを逆行してめっちゃ練習させるという。俺はこれがハマってヤクルトはこれからどんどん強くなっていくと思う。

メジャーの場合は確かに練習時間は少ないけど、A~AAAまでのマイナーリーグがあって、独立リーグも数多ある中で極一部の超優秀な選手だけがメジャーリーグでやれるわけで、競争が半端じゃないし。ぶっちゃけできない奴は放っておいて、極一部の超優秀な人材を拾い上げてチームを作ればいい。これは人口が多いのが基本になってる戦術なんだよな。しかもFAが短かったりするので、編成の重要度が高い。

対して、日本のプロ野球の場合だと下部組織がそこまで大きくない(最近ソフトバンク、巨人が3軍を作ったりしてるけど)。しかも巨人・阪神のような資金力もないからいい選手を獲得できないっていうチームもある。この手のチームが練習時間減らして自主性に任せるわーってやってたら高い確率でくっそ弱くなる。ヤクルトなんてファミリー色が強いって言われるチームだけど、言い換えればこの「資金力がない」、「人材が不足してる」チームなわけ。

宮本がヤクルトでやってる、いわば「しごき」っていうのは勝負の世界では超有効で、人が少ない、かつ凡人ばかりのチームでも勝とうと思った時に最も容易に実行できる。一時代前まで、強い高校野球のチームのほとんどの監督がめっちゃ怖かったのもこれを採用していたから。もうね、これに関してははっきり言っとくけど、昔のPL学園がめっちゃ強かった理由を考えろと。PL出の桑田が体罰反対って言ってるけど、あれはあいつが天才だからや。天才に「しごき」は必要ない。勝手に成長するから。ただ凡人ばかりの状況だとそれでは勝てない。それで桑田のPLの後輩の宮本がヤクルトのコーチに就任したとたんガンガン練習させてるんだから面白いもんで。宮本自身が元々チームの4番でもエースでもない、守備型の脇役の選手っていう事も影響してるんやろうな。最近高校野球の監督が昔に比べて大人しいのは、怖すぎると人材が集まらないっていう弊害が大きくなってるから採用されないだけや。

そら個々の選手のモチベーション高めて、「やらされる練習」はしない、自ら考えて、個々の能力を高めて勝つのが理想だわ。でも組織としてみるとそれを継続するのはめっちゃ困難なんや。俺はベイスターズファンだけど、98年の横浜ベイスターズがまさにこの理想的なチームで、放任主義の権藤監督の元、若い選手達が自主的に練習して日本一になった。石井琢朗、佐々木、谷繁、三浦、自主的に練習する選手ばかり揃ってチーム内で競争も激しかった。ただ、それだけのメンバーが揃っても、結局すぐ弱くなっていった。黄金期がくるはずだったのに、放任主義の限界を悟ったかのように管理野球の森監督を連れてきて、一気に弱体化してしまった。まあ、98年のベイスターズがあまりにも理想的なチームだったせいなんや。たぶん自主的に練習する選手が集まったっていうのも、30年以上も優勝から遠ざかっていたっていう影響もあるだろうし、極めて再現性に乏しいチームだと思う。だがそこがいいっていうのが横浜ファンだろうから、あの野球に魅せられたベイスターズファン的にはその後の暗黒期はしゃーないと思うしかない。

話それたけど、ヤクルトのこの練習の成果はしばらくすると絶対でてくるからな。落合の時の中日もそうだし、ノムさんのヤクルトもそう。広島だって元々この叩き上げスタイルで、一時弱かったのは人材の流出と育成スピードのバランスが崩れてたのが原因で、近年はその上で編成が上手くかみ合うようになってる。結局地味だけど、強いチームを作る戦術として普遍的に有効だと思う。そういうチームは応援しがいがあるしな。自然と選手間で競争が生まれていいスパイラルに入っていくやろ。あとは打線は山田が柱になって、エース投手が出てきたら強くなる。なによりも石井琢朗がコーチやってるのがうらやましいわヤクルトは。いつか横浜に帰ってくるんかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す