ブロックチェーンを使った予測サイト「STOX」を使って遊んでみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

STOXというブロックチェーンを使ったサービスがあってこれが結構面白い。

いわゆるブロックチェーン技術を用いた予測市場と言われる分野で、WIREDにもこんな記事があるので気になる人は読んだらいいと思うよ。ブロックチェーンは未来を予測し、「現実世界の確実性」を示せるか

仮想通貨とかブロックチェーンっていうと、「銭ゲバ」、「金の亡者」、「与沢翼のような人間」が連想されるだろうか。もしくは拡大し続ける格差社会でド底辺の人間が一縷の望みを託してまたしても小賢しい人間に騙され、さらに格差が拡大、これぞ社会の縮図、近づきたくないわーという印象か。小難しい技術的な事を言ってマスかいてるオタクばかりというイメージだろうか。どの認識も全く間違っていない、完全に正しい。

思えば昨年、値上がりを続ける仮想通貨にドはまりした知り合いは仮想通貨のチャートを常に見ていた。常に。メシ食ってる最中も、酒を飲んでいるときも。おそらくあの感じだとS〇X中も。知らんけど。そんな彼を見ながら、あーキチガイになってしまったんやーと思って哀れみの感情を抱いた。キモかった。そう、仮想通貨を一応所持していながら、彼らとは同族に思われたくないという心理が私にはあった、そこで見つけたのがこのSTOXだ。このSTOXを所持している私のような人間に限っては従来の仮想通貨やブロックチェーン界隈のイメージが当てはまらないと思ってほしい。なぜなら、まったく値上がりしてないからだ。あ、嘘。言いたい事はそういう事じゃない。(通貨が全く値上がりしてないことは本当、それどころか下がってる)

真面目な話、ブロックチェーンを使ったサービスって結局何か面白いことできるんか?いつになったらできるんや?っていう疑問がそもそもあるんじゃないかと思う。その観点でみるとSTOXは他のプロジェクトとは一線を画す。数多あるブロックチェーンのサービスの中でローンチ(サービスの開始)が早そう、大衆にメリットがわかりやすい、かつ既存の技術の応用で成り立つ、つまり開発コストがそれほどかからないだろうと思っているからだ。

まあ、難しいことはどうでもええんや、何ができるかっていうと、胴元がいない中でギャンブルができるみたいな感じや。

つまりサッカーのチャンピオンズリーグの勝敗とか、今でいうならNBAのプレーオフとかやな。どっちが勝つかみたいなのを賭けて遊べるというわけ。

実際の画面を紹介するで。

これが、予測選択画面な。NBAのプレ-オフが始まるのでその中でキャバリアーズとペイサーズのどっちが次のステージに進むと思うかっていうやつ。そら、キャブスに賭けるわ、元Berryz工房の徳永千奈美ちゃんもキャブス応援しとるからな。

そしたらキャブス選んで、掛け金=STX(STOX内のお金)を入力して、「Predict」ボタンスライドして終了や。

簡単やろ。アホでもできるわ。これがこのSTOXが他のブロックチェーンサービスとターゲット層が違うところで、普通の人でも使えるように設計されてる。アトミックスワップ?知らんがな、美味いんか?っていう人が普通なんや、それが普通の人。正常な人間。

いや、普通の人にとってはSTX買って、ウォレット作って、STOXに送金してっていうのが難しいだろ?っていうのはわかる、わかるよ。まあそれはこれからのこのサービスの課題なんだけど、とりあえず今β版だから、実際にSTX買わなくても登録するだけで模擬通貨として5STXもらえるからそれで遊べるっちゅーわけ。模擬通貨だからリスクフリーやで。茂木!茂木!茂木栄五郎!

まあ結局のところこれからワールドカップもあるし、これで遊ぼうよ、登録するならここからですよーっていうだけの話や。

STOXの登録はここから

これがやってると結構面白くて。全く予測が当たらんのや。

例えばこれ。サッカーのチャンピオンズリーグで4/11にバイエルンVSセビージャの試合があったんだけど、セビージャが1点でも獲る事ができるかってやつ。1点位入るやろって75.47%の人が予想したのに結局0点で外れ。予測してる人数が372人と少ないのもあるんだろうけど、これ人数増えたらもっと正確な予測になってるんだろうか。

あと日本向けのマーケティングなのかなんなのか、一回大相撲の勝敗予測があって。

なぜかチョイスされたのが大栄翔VS朝乃山という。ほとんど日本人が使ってないサービスなのに日本人すらよく知らん力士の取組が選ばれるという絶妙なチョイス。(これも朝乃山に賭けて外した)

あと単純にこうやってどっちかに賭けてスポーツみるとやっぱり楽しいね。あんまり海外スポーツって時差もあるし気にしてなかったけど、結果が気になるようになって面白い。冒頭の知り合いみたいに常に「ビットコインの価格調べなきゃ」ってなるよりも「昨日マンC勝ったん?」の方が、コミュ力高いやろ。スポーツラバーにはオススメやで。

かなり正当率が低いんだけど、今のところ参加者少ないから私でもランク入りしてしまう状態。(ちなみに一ヶ月程度の決まった期間内で、予測を当てるともらえるポイント(BrainPower)が上位の人は、実際のSTXがもらえるキャンペーンもやってる。)

多分ね、ロッテVS阪神みたいなのがあったとして、まあ阪神人気あるからみんな希望的観測も含めて阪神にベットするわ。ただ、野球の勝率なんて良くても6割程度だから予測が7割「阪神の勝ち」みたいになってたらロッテに賭けた方がいいとか、そんな感じの考え方をするのがいいんだと思う。

このサービスのAPIがリリースされたら日本のプロ野球の予測も建てられるようになるんだろうか。もしできたらめっちゃ面白いとは思うけど、ベイスターズに賭けまっくて金なくなりそう。そうなったらなんj大盛り上がりで、その頃にはさすがに現在所持してるSTXも値上がりするのだろうか。。

STOXの登録はここから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す