バチェラー第4話を観た感想!※ネタバレ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第3話に引き続き話題の「The Bachelor Japan」第4話を視聴しました。

詳しいルールや参加女性のプロフィールはこちらを参照してください。

第2話まではAmazonプライムビデオで無料視聴できますので、少しでも気になった方は是非本編をご覧ください!。

以下、あらすじやネタバレを含みます。

第4話「わたし今すねてる」

さて、今回は富士周辺から沖縄へ場所をうつしてデートを進めていきます。

そんな沖縄編の冒頭で預言者・ユタのお告げを聞くバチェラー久保さん。

ユタ曰く、久保さんの前には2人の女性の姿が見えるとのこと。1人目は、髪が長くソバージュのようになっていてエクボのある明るい女性。2人目は、髪が短く大人しい女性。久保さんも2人目の女性もお互いにまだ気付いていない状況とのこと。

うーん…?そもそもこのユタさんってどなたなんでしょう。気になったので調べたら

巫(かんなぎ)とは、神に仕え、神の神意を人々に伝えるとされる神がかりな力を持ったとされた存在。
今の沖縄、琉球にも巫(かんなぎ)は存在し、沖縄の言葉で「ユタ」と呼ばれています。

と書いてあり、どうやら日本各地で古くから伝わるイタコと同じようです。ユタさんという人物ではありません。

さて、そのユタの話を聞いてバチェラーの心は何か変わったのでしょうか。

全員での飲み会

沖縄初日の夜は全員で飲み会です。久保さんはあっちに呼ばれこっちに呼ばれ大忙し。

さて、鶴さんの隣に座っている最中に全員での会話が始まります。

女性陣「久保さんがいると緊張する」「まだ壁がある」と。それを聞いた鶴さんはすかさず

「あたしはないよ♡」と久保さんの腕にしがみつきます。更には手を握ってみたり。

その時の鶴さんの顔は、優越感にほくそ笑む性悪女の顔をしていました…

ドン引きする女性陣の中、負けじと立ち上がった女が1人いました。そう、バチェラーの中で性悪女と呼び名の高いもう1人の彼女、もりもりこと森田さんです。

森田さんはすかさずバチェラーの隣に座り、「私も!」と手を握って離しません。

二人の女性と両手をつなぎ、ご満悦の様子のバチェラー。もう、すけべオヤジにしか見えません。久保さんからは握りもせず離しもせずってところがまたズルいですね。

そしてそこで会はお開き…のはずが、

「私久保さんと話したい!」

と挙手して立ち上がったのが、岡田さん。それを聞いたナビゲーターの坂東さん。「では10分だけ」と言い岡田さんにエキストラタイムのプレゼント!

坂東さん…イケメンすぎる…!そもそも坂東さんってとても立派な俳優さんのはずなのに、なんでこんな番組の司会を引き受けてしまったのでしょうか?そして、坂東さんとの対比でバチェラーの久保さんのゲスさが際立つこと。ワーナーさん、ミスキャストですよ!!

そんなイケメン坂東さんからのプレゼントタイムをどう生かすのかと思ったら…中学生みたいで恥ずかしいと照れながら、

岡田久保さんのことが好きになりました!

と告白です!その言葉が出るまでの久保さん、へらへらしててすけべオヤジにしか見えません(2回目)

今回のバチェラー全女性の中で初めての告白は岡田さんでした。そしてそのあと立て続けに「あ、あっち見て!」と言って不意打ちのほっぺにチュー。これにはさすがに久保さんもKOされたでしょう。

2on1デート

翌日は今までにはないスタイルのデートのお知らせが。その名も「2on1デート」。女性2人とバチェラーがデートをし、どちらか一方を必ず選びどちらかは必ず脱落する、という過酷なルール。

今回はバチェラーからの指名で決まりますが、拒否はできません。

バチェラーとデートが出来るものの、脱落の可能性があるということで女性陣は複雑な心境。そして名前を呼ばれたのは

古賀あかねさん

坂本くるみさん

普段から仲良しの(そして同じ事務所の)この2人が選ばれました。名前が呼ばれた瞬間、泣き出しそうになる人も…

そして、2人はただならぬ思いを胸にいざデートです。

ここでは2人乗りのカヤックに乗り、久保さんが秘境へ連れて行くという内容。古賀さんとはだいぶ盛り上がっている様子ですが、坂本さんとは沈黙の時間が長い印象…。観ているこちらも息詰まってしまいました。

もうこの辺りから勝負は明らか。

最後に久保さんが選んだのは古賀さんでした。

バラを貰えなかった坂本さんは脱落決定。それをバルコニーから見守っていた残りの女性陣も自然と涙がこぼれます。

…なぜ泣く?

さて、最後は恒例のカクテルパーティ。ここで再度性格の悪い人がちらほら。

まず、筆頭は柏原さん。堂々と割り込むわりには「あまり久保さんと話してるとみんなに怒られる」と言って、周りに気遣えるアピール!間抜けなバチェラーはこれにコロリと騙されて「あゆは周りに気をつかえて優しい子」とコメント。違うよ、違いますよ〜!

松長さんとのトーク中「貰ったアクセサリー壊れちゃった」と言って付けていない自分を正当化。仮にもアクセサリーデザイナーの作ったものがそんなに簡単に壊れますでしょうか。単純に外したかったがための言い訳でしょう…バチェラーの性格の悪さもチラリ。

そして最後のローズセレモニー。

今回バラを受け取れなかったのは、小菅さんでした。残念。この方は最後まで残るかと思いましたが…

そんな訳でまた次回に続きます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す