【2017WBC】3・8日本対オーストラリア観戦記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オーストラリア戦の感想を書く。先発の菅野は流石の投球だった。球数を意識しつつ、要所では慎重に打者を抑えていく投球で4回途中まで1失点。先発の役割を十分に果たした。

その菅野が球数制限により一死一二塁で交代となりマウンドにあがったのは中日の岡田。ブルペンでは千賀も投げていたが、ランナーがいる状態だったので岡田を先に起用。中継ぎのスペシャリストを多く招集した今回の代表はこういった事態に備えたものだろうし、岡田としても役割は十分に認識していたと思う。

しかし、いざマウンドで投げてみるとストライクが入らない。プレッシャーからか思うようにコントロールができず、明らかに動揺している。ストレートの四球で満塁とピンチを広げてしまう。すかさずベンチから権藤投手コーチが声をかけに行く。普段通り投げなさいということだろう。続くバッターにも明かなボールが二球続き、これで六球連続でボール。捕手の小林がマウンドに行って岡田に声をかける。ショートの坂本も声をかけ、球場からは激励の拍手が沸き起こる。プロ野球では普段あまりみない光景だが、小さい頃から野球をやっていた身からすると懐かしさもあった。マウンドで孤独な投手を落ち着かせようとチーム全員で声をかける。次の球で開き直ったようにど真ん中に投げ、セカンドゴロに打ち取りダブルプレー。運も味方し最大のピンチを切り抜けた。ほっとした表情でマウンドを降りる岡田を迎えいれるチームメイトを見ていると、チームが一丸となって戦っているのが伝わってくる。

6回、7回は第二先発として予定通り千賀が登板。日本の誇るフォークボーラーは初見の打者ではなかなか対応できない。危なげない投球で三振の山を築く。三振が取れる投手なので、決勝ラウンドでは抑えに回ることも十分に考えられる。

打撃では中田、筒香の揃い踏みで終盤の欲しいところで得点を奪った。筒香は4番打者として申し分ない。スラッガーとして近い将来松井秀喜を超える選手になるだろう。

宮西、牧田と継なぎ、危なげなく試合を進めて4-1で勝利。終わってみれば盤石な試合運びだったが、5回を抑えたのが試合の分岐点だった。岡田のピンチを切り抜けたシーンは改めていいチームだなと感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す